眠れない お風呂

眠れないときのお風呂と体の関係

お風呂、湯船に浸かることは、体を洗う以上にかなり重要です
時間が無いからシャワーで済ませる人も多くいると思いますが、実はとてももったいないことをしてしまっています

 

お風呂に入ることは、全身の血行を良くし血液の循環を活発化させることで、眠れない状況の改善をしてくれます
それだけではなく、血行が良くなることで体のコリもほぐすこともできます
この点も重要で、体のコリ、体が固くなる原因にはストレスも入り、体をほぐすことでストレスによるものの改善にもお風呂は役立ちます

 

ただし、入り方には気をつけないといけません
お風呂の温度、入浴時間、寝る何時間前に入るか、の3点ですね
面倒かもしれませんが、習慣にしてしまえば当たり前になるので最初が肝心です

 

眠れないときのお風呂の入り方

 

注意するべき点は上でも書いた3点です

 

@お風呂の温度
A入浴時間
B寝るどれくらい前に入るか

 

@お風呂の温度はぬるめです
だいたい想像はつくと思いますが、熱すぎると体温を上げてしまい目が覚めてしまいます
温度は36度以上の40度ちょっとまでです。通常の体温と同じくらいの温度がちょうどいいですね
とはいえ、温度を計ったりするのも面倒なのである程度で構いません
細かい温度よりも熱くなりすぎないことと、AとBを守ることが大事です

 

A入浴時間
寝るということは体の芯の温度、深部温度を下げることから始まります
程よい入浴時間を保つことで、体の温度が深部から体の表面に移り、体はポカポカだけどウトウトする状態になっていきます
気持よく眠るために必要な入浴時間は20分です
それ以上入ると、表面の温度だけではなく深部温度も上がってしまいます

 

B眠るどれくらい前に入るか
眠る時間の約1時間前がちょうどいい時間です
入浴から眠るまでに時間が空くほど効果が薄れていくので注意です
@とAで、下げた深部温度が上がることが原因
最初のうちは、ちょっと眠いかなーと思ったぐらいから入るといいかも

 

お風呂は寝る前に、ぬるま湯で、20分浸かること

 

お風呂は深部温度や血行の調整など、メリットが多くある一方で
間違えると体をホクホクにしてしまい、眠気をリフレッシュしてしまうこともあります

 

起きるときにも眠るときにも、お風呂にはとても使える便利さがありますが
細かい調整は私達自身でやらないといけません

 

目を覚ましたいなら、熱めのお湯でスパッとシャワーを
眠りたいなら、ぬるめのお湯で20分浸かること!

 

体に余計な刺激を与えないことが大事になります