眠れない コーヒー

厳禁!睡眠前のコーヒー

カフェイン、知らない人はいないくらい有名な、コーヒーや緑茶に含まれる成分です

 

脳への興奮作用があり、覚醒時間は
若い人で若い人で2〜3時間、壮年以上の方で5時間の覚醒効果があると言われています

 

睡眠とカフェインは切っても切れない関係で、カフェインを無視してコーヒーを飲むと
寝る時間のコントロールができなくなり、翌日以降に疲れを持ち越してしまいます

 

正しい付き合い方ができれば、カフェインは目覚めの手助けとなってくれます
効果の表れ方から、コーヒーではなく夕方からおすすめする飲み物まで
知らないことがあれば、ぜひぜひ快適な睡眠のために取り入れてみてください

 

コーヒーと睡眠とハーブティーのススメ

 

夕方以降は、できるだけカフェインを含むコーヒー類を飲むのはNGです
カフェインの困った点は、効果が表れるような様子が一切出ないこと
ちょっと温度が上がったり・下がったりするとか効果が出てくればまだ分かるのですけどね・・・

 

自覚症状がない点は意外と厄介で
「飲めば絶対に体に異常が出る!」
みたいな場合は絶対飲まないですよね?(笑)
ただ眠くなくなるだけですから、あなた自身でストップをかけないと、体は止めてくれません

 

ストップをかける方法として、コーヒーではなく、ハーブティーを飲む方法がオススメです
もちろん好き嫌いは人によって違いますから、飲み物として苦手な人はゴメンナサイ・・・

 

ハーブティーのメリットは、コーヒーのデメリットのまんま反対です
興奮作用で脳を活性化させて、眠気を飛ばしてしまうコーヒーに対して
リラックスさせる効果だけではなく、種類によってはプラスアルファも求められるハーブティー

 

どんな種類があって、どんなプラスアルファを求めるのかは人によって変わります
よかったら、>>眠れないときのハーブティーを参考にしてみてください

 

睡眠の邪魔にならないコーヒーの飲み方

 

コーヒーを飲むタイミングは、通常の規則正しい生活をしている人の場合
起きてから2、3時間後〜大体17時くらいまでです
年代によってはそれ以上遅く飲むとカフェインの効果が長引いてしまいます

 

朝起きてすぐに飲むのもあまりオススメできません
もちろん目覚めには効果がありますが、体がカフェインに慣れてしまうと効果は薄れてしまいます
免疫ができるようなものですね。頼りすぎると効果が薄れていくので、目覚めをカフェインに頼っていると段々と辛くなっていきます

 

あくまで嗜好品として、味や香りを楽しみ、睡眠へのデメリットを出さないように飲むのがコーヒーとの上手な付き合い方です
飲む時間、量をある程度調整して飲めば、睡眠の邪魔にはなりません。好きな人もほどほどにね