眠れない 睡眠薬

眠れないときの睡眠薬は、最後の手段

>>都心部には睡眠障害専門の病院もあるので、近くにあればベスト

 

昔と違い睡眠薬もだいぶ改良が進み、さまざまな種類の睡眠薬が処方されるようになりました

 

ですが、今も昔も変わらないのは、眠れないときに睡眠薬に頼るのはあくまで最後の方法だということです
睡眠薬で寝たとしても、眠れない状況に対して根本的な解決にはならないからです
疲れも取れません、寝たという感覚にもあまり期待しない方がいいと思います

 

睡眠薬の効果は寝酒に似ています。脳を自然に出はなく、"別の効力"で働きを低下させ眠りに持っていきます
眠るためのサイクルを作るのではなく、人工的な眠りになります
その日は眠れても、次の日もまた次の日も睡眠薬を飲む状況はちょっとよくありません

 

精神の状態や環境によって、人には睡眠薬が必要なときもあります
なので最終手段です。できる限り最後まで使わずに、眠れないサイクルを変える方が先です

 

しかし、どうしても睡眠薬が必要なときのために、選ぶための基準を持っておくと
眠れないときに行う引き出しの1つになります

 

眠れないときの睡眠薬の選び方

 

いざ睡眠薬使うときの選び方はどうすればいいのでしょうか?答えはめちゃくちゃ簡単です

 

お医者さんの処方に従って下さい

 

これだけです。自分で選ぶことは厳禁
めちゃくちゃ調べて、コレだ!と思う睡眠薬を探すのも手ですが、それでもお医者さんに相談してからです
自己判断で睡眠薬を使うと、余計に疲れやダルさを感じてしまい、寝ることが苦痛になってしまいます

 

そうなるとかなりの悪循環です

 

寝ることがストレスになる>疲れが抜けない>精神的に辛くなる>起きても寝ても辛い

 

こんな状況になると目も当てられません
実際に睡眠薬を使うときは、既に精神的に余裕がないときが多いので
余計に負担をかける可能性もあるということです

 

きちんと処方されたものを使い、診断に従って行動することです
睡眠薬はあくまで診断してから、眠れない状況の改善までのおまけにすぎません

 

睡眠専門の病院が近場にあればベスト

 

通常の病院では内科、精神科が睡眠薬の処方を行いますが
都市部の地域では睡眠専門のクリニックや外来もあるので、より詳しい診断をしてもらえます

 

睡眠薬に頼るのなら、こうした専門医でお医者さんと一緒に向き合った方が確実に眠れない状況を解消できます

 

もしも不眠症や睡眠障害、うつなどからくるものだった場合、個人ではどうしようもありませんからね

 

睡眠薬は眠れないときの補助であり、解決策ではありません
自分で適当に購入して使うと、痛い目に合う可能性もあるので、診断し処方してもらいましょう!